スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年07月27日

任意保険は保険会社によってかなり違う

自動車に毎年かかる費用のひとつに 任意保険があります。

説明は不要かと思いますが、事故の際に賠償能力が無い場合が多かった 初期の日本の自動車社会を重く見た政府が 被害者救済の目的で義務化したものが 強制保険(自賠責保険)です。
基本的に人身事故のための最低限の保険です。

一方、 実際に重大事故を起こした場合 強制保険だけでは賄い切れないほどの人的・物的被害が多くなっています。 この賠償のために 自分で加入するのが任意保険です。

任意保険には様々な選択肢があり、 現在では 対人無制限・対物無制限 の保険に加入することが一般的になってきています。
理由は簡単で日本が経済大国である = 賠償金が高い とゆう事です。

経済大国では所有しているものも街にあるものも 相手の乗っている車も 積載してある荷物も 金銭で賠償することを考えると命の値段も高くなっているのです。
_________________________
【任意保険は絶対に必要か】
現在では 任意保険に入っている事は、 ひとつのマナーともなっています。
事故が起こることは 交通社会に居る限り 可能性がゼロにはなりませんので、 せめて もしもの時に賠償能力だけは持っておきましょうよ。 とゆう事なんですね。

だからといって もしもの時に
『 私、保険に入っていますので大丈夫です 』
などと堂々としていてはいけません。 
任意保険に加入していないことは恥ずべきことかもしれませんが、 何も威張ることではありません。
_________________________
【任意保険料金の仕組み】
任意保険には 等級とゆうものがあり、 1〜16まであります。
無事故期間が一定に達すると等級が上がり(数字が増え)、保険金請求をすると等級が下がります(数字が小さくなる)
この数字が大きくなるほど、 事故の少ない優良ドライバーとして保険会社は判断して、 保険金割引を行っています。

さらに最近では、 免許証の色や 年間走行距離 なども加味された任意保険商品が出まわり、 保険会社によって金額に結構な差が出てきているのです。
_________________________
【保険会社の探し方】
保険会社によっては 保険料は安いんだけど保険金請求に渋い場合もあるようなのですが、 保険料が高ければ高いほど対応が良いとも言えません。


大手自動車保険 7社一括見積が出来るサイトです。 保険の探し方も載っていますね。
   ↓
自動車保険比較

こちらで扱う自動車一括見積もりの中には
・ アクサダイレクト
・ アメリカンホームダイレクト
・ ソニー損保
・ チューリッヒ
・ 三井損保
・ SBI損保
・ イーデザイン損保
の大手通販自動車保険7社が含まれます。

事故の対応は アメリカンホームダイレクト ソニー損保 の2社が評判が良いみたいですね。
何かあったときは 「 動転している時の対応 」 「 迅速な行動力 」 の2点は非常に安心できます。 逆にこれが欠けていると 事故後も不安で仕方ありませんので、 個人的には 値段さえ合えば この2社のどちらかから選べば間違い無いと思います。
posted by アメリカンライフスタイル at 22:00| Comment(0) | 維持費を安く抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。