スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年07月28日

Ray-Banクラブマスターがあなたの印象を変える

レイバンクラブマスターは 1950年代のスタンダードなメガネをアレンジしたものとして 1986年に誕生したモデルです。



所ジョージさんのトレードマークともなっていますね。
_________________________

このクラブマスターを度入りのメガネにすると、 いかにも昭和の経理マンといった雰囲気になる事になりますが、 そのレトロ感をあえて買うとゆう選択肢もありかもしれませんね。

クラブマスターの中にも実は多くのモデルが有るのですが、 だいたいこれくらい知っておけば良いのではないかと思うモデルごとの違いがあります。


まずは横幅(フレーム幅ですが)普通幅のものと幅広のものがあります。
もう一つはレンズ形状です。 スクエアなタイプとオーバルのタイプの物があります。

何もクラブマスターに限ったことではないのですが デザインがデザインなだけに 幅広のスクエアレンズは硬い印象が 普通幅のオーバルレンズは柔らかいながらもインテリな印象が 強調されるような気がします。
_________________________

レイバン クラブマスター をはめた瞬間、 その人にはどれかの印象がつきまといます。
・ 硬派
・ 堅物
・ 真面目
・ 気難しい
・ 筋が通っていないと許せない

あんまりいい印象に思えませんか?

しかしこの印象を逆手にとったのが 所ジョージ氏であり クラブマスターファンなのかもしれません。
真面目そうに見えてしまう人が 実は陽気だったりすれば その陽気さ以上に陽気に見えてきますし、 気難しそうに見えるのに 少しの理解を示せば あなたの見せた器量以上に器量の広い人物だと評価されるでしょう。

逆にあなたが堅物だったり気難しい人物であれば 相手の印象は加速するはずです。

レイバン クラブマスター とは あなたの印象を増幅させる魔法のサングラスなのかもしれません。
posted by アメリカンライフスタイル at 21:40| Comment(0) | レイバン(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。