スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年07月29日

V8にするかV6にするかの比較選択

アメ車の購入を考えたとき悩ましいのが 多くのモデルにV8モデルとV6モデルの両方を準備している点です。

両モデルをラインナップする おそらく全ての車種で 新車中古車問わずV8モデルが高くなっていると思います。
さらにV8モデルにするかV6モデルにするかで 重量税や自動車税・燃費・オイル交換費用等 購入した後の費用が変わってきます。 もちろんV8モデルのほうが高いことは言うまでもありません。
_________________________

多くの人は せっかくアメ車を買うんだから 値段も高くプレミアム感があり 何よりアメ車っぽいV8モデルが良いと思うのではないでしょうか?

それでは 金銭面以外での それぞれの特徴を見ていきましょう。

【V8】
所有感が高い
踏めば聴ける「ドロン」とした音
内装が豪華なことが多い
強いトルク感

【V6】
軽快感が高い
思ったよりしょぼい感じはしない
外観からはV6だと気づきにくい
出足が軽い

こんな所ではないでしょうか。
_________________________

最終的に判断するとするならば どんなシチュエーションで満足度が高いかでの選択肢になると思います。

V8が生きるシーン
高速走行、遠出して山道走行、主に長い移動距離を移動する場合トルク感が生きる。
休日しか乗らないように出来るならガソリン代が気にならない。
完全に趣味の車として割り切れる環境にあればオススメできると思います。

V6が生きるシーン
通勤に使用し、主に信号の多い都市部を走行。 走ってはエンジンを切りのチョイノリの頻度が高い場合 燃費の良さとV8には無い軽い車重の軽快感が生きる。
普段使いをして 県庁所在地や大都市部などに居住する人には V6がオススメできると思います。


静寂性などが大きく変わるほど低い排気量の車種が無いと思うのと、アメ車といえど最近ではV8よりもV6が主流となっているのが現実です。

趣味と実益を兼ねるならV6。
メンタル面での満足感を重視する場合はV8。
こんな感じでいいのではないでしょうか。
ラベル:V8 V6 維持費 燃費 比較
posted by アメリカンライフスタイル at 13:45| Comment(0) | 維持費を安く抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。