スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年07月04日

ガレージの一部は物置として考える

ガレージ(車庫)は車がギリギリとめておければオッケーな訳ではありません。
車にまつわる色々な物を置く場所、 今まで諦めて車に積みっぱなしにしていた物を置ける場所、 例え所有して無くても買ったときに置く場所 そんな風に考えたほうが 生活が楽になります。
_________________________

タイヤ
スタッドレスタイヤと夏用タイヤを 自分で交換する場合。
タイヤ置き場だけでなく、 タイヤ交換が楽に行えるための物 インパクトレンチやジャッキ、エアーコンプレッサーなどを置けるだけの場所を確保したいです。
_________________________

工具
ハードな整備は行わないものの 少しは自分でやる場合。
自分でやったからと言って 工具代もかかりますし パーツ代も業販価格とまではいきません。
あくまで趣味でやりたい場合になってくると思いますが 中には良い道具を自分のガレージに展示したい工具マニアの方もいらっしゃると思います。 工具ラックまで揃えたい場合はそのスペースも。
_________________________

趣味の用品
キャンプ用品やピクニックテーブル、 カヌーや自転車、 ラジコン飛行機に電動スクーター、 スノーボードにテニスラケット、 アウトドア派の人は車に積むものも大きいことでしょう。
帰ってきたら車庫から一番遠い 裏の物置へ。。。
これでは疲れてしまいます。
_________________________

コレクション品
部屋に置いてあると 家族に何かと邪険にされるコレクション品
まとめてガレージに置いてしまって そのうちテーブルとチェアも、、、なんて目論見も面白いかもしれません。 家庭があって自分の部屋も持つって意外と大変だとは思いませんか?
ガレージを自分の部屋にしてしまうとゆう選択肢は最高の贅沢かもしれません。
_________________________

例えばこんな風に出来たら最高ですね。
   ↓
【アメリカ雑貨】キャンディガレージのガレージラック
posted by アメリカンライフスタイル at 18:05| Comment(0) | 自慢のガレージ(車庫)づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

北海道のガレージ

北海道は日本の中では北方に位置するため 積雪耐荷重を考慮に入れる必要があります。
その為既製品のガレージやカーポートも 必然的にそれを見越した寒冷地仕様を選ぶ必要があります。
予算があれば出来るだけ壁やシャッターが付いたもののほうが良いと思います。
_________________________

北海道でのガレージ選びにそれらが必要な理由は まず雪下ろし作業をしなくてはいけないようなガレージでは手間がかかって仕方がない事です。 雪下ろしをしそびれたがために大枚を叩いたガレージが傾いてしまっては 車両自体も危険にさらされてしまい本末転倒です。

屋根だけでも無いよりは遥かに良いのですが、 壁やシャッターが有ることによって車に雪がかかりません。 屋根があるのに壁がないタイプの物は 風向きによっては車の雪下ろしをしてやる必要が出てきます。
_________________________

北海道ではひとつのスタンダードとなっているので ちょっと面白みは無いかもしれませんが、北海道のガレージなら積雪に耐えやすい波形鋼板を使用して 構造的に積雪にタイヤ水設計になっている カスケードガレージ が一番無難なところです。

カスケードガレージの日江金属
posted by アメリカンライフスタイル at 18:18| Comment(0) | 自慢のガレージ(車庫)づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

究極のかっこよさアルミ製・ガルバリウム製駐車場

ここでご紹介するものは 「 安く屋根を付けたいだけ 」 なら絶対に無い選択肢だと思います。
あくまでかっこ良さと特別感を感じるため お金を惜しまないとゆう考えで視野に入ってくるものです。
_________________________

アルミ製のもので究極にかっこいいものは
このカーポートだと思います。

カーポートにしては結構値段が高いですが、 アルミカーポート特有の安っぽさは微塵もありません。 逆に住宅自体もグレードアップして見え、 洋風住宅のトータルコーディネイトとしても 一役買えるような存在感です。
_________________________

ですがですが、 本当に究極にかっこいい駐車場は 住宅の真横に建ててしまうのが自宅とのバランスが崩れてしまって怖いほどの存在感を放っていました。

はっきりいってガレージとして使用するには 非常に高価な部類であり、 非常に贅沢なものとなります。 使用材料は現在の建築板金ではもはや一般的な感のある ガルバリウム鋼板です。 耐用年数は住宅並と言って差し支えないでしょう。

DIYの可能性が残されているのも嬉しいところですが、 この場合のDIYは安く上げるとゆう理由も少しありますが、 もともと材料費のお値段が少々張りますので、 「 楽しむ 」 とゆう要素のほうが強いのかもしれません。

ワンダービルディング(アーチビルディング)の日本代理店、アーチビルディング様のホームページを御覧ください。
アーチビルディングのすべてが書かれています。
   ↓
(株)アーチビルディングジャパンホームページ
posted by アメリカンライフスタイル at 23:02| Comment(0) | 自慢のガレージ(車庫)づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

キットガレージを組み立てられるか腕試し

キットガレージは全くの初心者が自作するには 難易度がとても高く、そして大きすぎます。
どうしても自作してみたい理由は幾つかあるでしょうが、 「 安く作りたい 」 とゆう理由ならやめたほうが良いでしょう。

自作には道具が必要です。 最低限 電気丸のこやインパクトドライバー等が無いと厳しいでしょう。 全くの初心者がこれらを使いこなすのは難しいかもしれませんが、手のこでジコジコ切ったり、ドライバーで木ねじをグリグリねじ込むのは想像以上に大変です。
そして自作初心者は材料を目の前にして 傷をつけてしまうのを恐れてなかなか取り掛かれず途方に暮れてしまうくせに 取り掛かりだすと完成を急ぐあまりテキトウな工事になってしまうものです。

「 いやいや、自作を楽しみたいのだよ 自作の時間も作れるよ 」 とゆう場合で 土地に余裕があるなら お庭に小さな小屋を作って腕試しをするのも良いかもしれません。
お子様とご一緒に、お庭に木の倉庫を建ててみませんか。セルフビルドミニログハウスキット【ハイド3/価格250,000円】

お子様とご一緒に、お庭に木の倉庫を建ててみませんか。セルフビルドミニログハウスキット【ハイド3/価格250,000円】


必要土地面積は約 2.8m x 3.3m で  室内は約 2.2m x 2.2m
とてもコンパクトで畳2畳強の室内空間ですが 作りは本格的で なおかつ初心者にも簡単に組み立てられるよう考えられています。
当然ですが組み立て家具などよりも 何倍も難易度が高いことは言うまでもありませんが これが組み立てられないようではキットガレージはもっと無理です。

イナバの物置のような簡単組み立てではありませんが、できてしまえば そこらの家庭ではちょっと見かけない物置小屋の完成です。 イナバの物置より少し高いお金を出せば 組み立ても楽しめて 完成後も楽しめる訳ですから 物置が欲しかった人にとってはお安い勉強になるのではないでしょうか。
posted by アメリカンライフスタイル at 23:04| Comment(0) | 自慢のガレージ(車庫)づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

イナバガレージの作り方

【基礎工事】
イナバガレージをDIYで作る場合、一番難しいのが基礎の部分だと思います。
3つの方法が考えられますが、ガレージの接地部分が直線であるため いずれの方法でも接地部分を直線にしてやるとゆう方法になります。

1 : 地面に穴を掘ってブロックを並べていき、直線をだす方法。
2 : 木材に防腐剤を塗ってそれを基礎にする方法。
3 : 水平なコンクリート面をうつ方法。

この部分を怠ると 後でシャッターの開け閉めが重かったり、最悪開かなかったりしますので 可能ならプロに依頼するのが最も簡単です。
どうしてもこの部分も自分でやってみたい とゆう人は簡単な1の方法であっても丸一日を要する覚悟で挑んだほうが良いと思います。
必要なものは 水平器やブロック上辺の水平を見るために張る糸 そしてブロックになります。 シャター着地面と同じ高さになるように地面スレスレに埋めてあげましょう。

駐車スペースがコンクリート面だと 地面からの湿気も上がってこず、ガレージ内での点検や軽整備もやりやすいです。 この場合は無理せずプロに任せましょう。
_________________________
【本体工事】
全ての組み立ては プラモデルの組立図のように丁寧に解説してあります。 もちろん日本製ですから穴の位置が明らかに違うことは ほぼ考えられませんので、もし違っていたら使う部材が違っているとゆうことでしょう。

本体工事は基礎からだしたアンカーボルトと土台を緊結することから始まります。
最初から本締めせずに、土台4本の位置決めが終わってから本締めしましょう。 理由は菱形になってしまいがちだからです。

その後柱や梁、壁板や天井板をネジとナットで取り付けていきます。 これは付属する工具で事足りますが、10ミリソケットとラチェットドライバーやインパクトドライバー等の工具を使用してやることでスピードアップが可能です。
仮にインパクトドライバーを使いたい場合は イナバガレージにはプロ用の4万円もするものを使う必要は無く、1万円前後の充電式で充分だと思います。 プロ用のものが必要になるのは DIYで木工をハードに楽しみたい等の用途の場合になります。

本体組み立て時もネジを全て仮止めにしていきましょう。 理由は基礎部分と同じで 最初から締めていってしまうとヨジレがあった場合、後から全てのネジを緩めるハメになってしまうからです。 全てのネジが入ったら本締めで完成です。
posted by アメリカンライフスタイル at 15:39| Comment(0) | 自慢のガレージ(車庫)づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。