スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年06月24日

GAP kids baby を多く取り揃えるショップ

GAP baby  GAP kids  を多く取り揃えるショップです。
   ↓
ななあーる-7R-SHOP

安物などは取り扱っていませんが、 ベビー・キッズ物はブランド物といえど そんなにお高くないですね。
_________________________

GAP baby は 0〜2歳
GAP kids は 2〜5歳

このショップ BABY 7R (ななあーる)の特徴は 子供服専門店であることです。

取り扱いブランド
baby GAP
SESAMI STREET
OLDNAVY
GYMBOREE
H&M
UGG
CONVERSE
MINNETONKA
KINGSLEY
RALPH LAUREN
OSHKOSH
Cater's

ご覧のようにGAP以外のアメリカンブランドもたくさんあります。
_________________________
【送料】
注文時の備考欄に 「 メール便希望 」 と記入すると
小物でメール便可能な場合は ¥80 のメール便で送ることも可能です。
メール便での配送期間は 注文より3〜5日程度となっています。

かさばるものは配送先により送料が決定されます。
合計 ¥10,000 以上注文の場合は離島を除いて 送料無料になります。

また送料無料商品と合わせて購入すれば
合計 ¥10,000 以下での注文も 送料無料になります。
posted by アメリカンライフスタイル at 17:52| Comment(0) | ギャップ(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

ギャップ(GAP)アウトレットセール

【アウトレットショップ】
GAPジャパンの公式サイトは本当に親切です。
アウトレットのショップも全て記載されています。

GAP Japan 公式サイト (アウトレット店)
   ↓
GAP Outlet店検索ページ

このアウトレットショップであれば、毎日がアウトレットセール価格でお買い物ができます。
_________________________
【通常ショップでのセール】
「 アウトレット店って ちょっと遠いんじゃないか? 」
「 ガソリン代のほうが高いな 」

と感じる方は、ギャップメンバーシップに入ることで 通常店舗のセール情報などを手に入れることが可能です。
メンバー用のお得なセールを利用するには 携帯電話を使用しますので ショップに足を運ぶときには忘れずに持っていかなければいけません。

GAP Japan 公式サイト (ギャップメンバーシップ)
   ↓
GAP Membershipページ

なんと嬉しいことに、メンバーに登録すると 即座にウェルカム割引が付きます。
有効期限は決して長くないので、お買い物に行く直前にメンバーになるのがベストと言えます。


そしてGAPならではの特徴として、不定期に入れ替えモデルをセールするとゆう特徴があります。
ベストなタイミングは週一回程度ショップに足を運ぶことらしいですが、それではGAPオタクになってしまいます。(笑)
ついでの時だけで良いので ショップを覗いてみましょう。
_________________________
【ネット販売を利用する】

どこでも良いのですがヤフーショッピング・楽天市場などの 大手ネットショッピングモールを利用すれば ショッピングモール独自のポイントが付いた上に 更にお手持ちのクレジットカードのポイントも貯まり、通常のお買い物でポイント2倍〜なのが魅力です。
中にはショッピングポイントが10倍貰える等 おいしいショップもありました。
   ↓
ヤフーショッピング|GAP アウトレット
楽天市場|GAP アウトレット
posted by アメリカンライフスタイル at 18:25| Comment(0) | ギャップ(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

ギャップ(GAP)店舗と通販

ギャップ(GAP)
アメリカ合衆国最大の衣料品小売店で 1969年ドナルド兄弟によってジーンズ専門店として創業

創業した カリフォルニア州 サンフランシスコ に本社があり 世界に3100店舗を展開し、世界1の売上を誇っています。

ギャップジャパン公式サイト(店舗検索)です。
   ↓
ギャップ(GAP)店舗検索
_________________________

1990年からオリジナルブランドを展開していくことになるギャップも それまではリーバイ・ストラウスを店頭に並べる普通の小売店で 当時流行したヒッピー世代の ティーンズをターゲットにした商品が並べられていました。


ギャップのコンセプトは
「クリーン、オールアメリカン、シンプル、グッドデザイン」
であり

現在でもベーシックを基調に流行を取り入れた物を変わらず販売しながら デザイン性の高い物も展開する手法です。

企画 → デザイン → 制作 → 物流 → 宣伝 → 販売
の一連の流れを一貫して行っていることもあり アメリカのユニクロ的な印象を受けます。


ギャップの企業コンセプトにもあるように アメリカンベーシックを標榜しているだけに 外せないアイテムと言えると思います。


通販では品切れ、安売りを探していくことになると思いますが ディノス、ニッセン、セシール などのサイトや 楽天市場・ヤフー・ライブドアなどのネットショッピングモールで見つけることが出来ます。

ギャップの店舗自体は非常に多いので テナント型の大型ショッピングセンターなどで自然に目に付くと思います。
アメリカ本国だけではなく 日本でもとても身近なのです。
posted by アメリカンライフスタイル at 12:17| Comment(0) | ギャップ(USA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。