スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年07月29日

V8にするかV6にするかの比較選択

アメ車の購入を考えたとき悩ましいのが 多くのモデルにV8モデルとV6モデルの両方を準備している点です。

両モデルをラインナップする おそらく全ての車種で 新車中古車問わずV8モデルが高くなっていると思います。
さらにV8モデルにするかV6モデルにするかで 重量税や自動車税・燃費・オイル交換費用等 購入した後の費用が変わってきます。 もちろんV8モデルのほうが高いことは言うまでもありません。
_________________________

多くの人は せっかくアメ車を買うんだから 値段も高くプレミアム感があり 何よりアメ車っぽいV8モデルが良いと思うのではないでしょうか?

それでは 金銭面以外での それぞれの特徴を見ていきましょう。

【V8】
所有感が高い
踏めば聴ける「ドロン」とした音
内装が豪華なことが多い
強いトルク感

【V6】
軽快感が高い
思ったよりしょぼい感じはしない
外観からはV6だと気づきにくい
出足が軽い

こんな所ではないでしょうか。
_________________________

最終的に判断するとするならば どんなシチュエーションで満足度が高いかでの選択肢になると思います。

V8が生きるシーン
高速走行、遠出して山道走行、主に長い移動距離を移動する場合トルク感が生きる。
休日しか乗らないように出来るならガソリン代が気にならない。
完全に趣味の車として割り切れる環境にあればオススメできると思います。

V6が生きるシーン
通勤に使用し、主に信号の多い都市部を走行。 走ってはエンジンを切りのチョイノリの頻度が高い場合 燃費の良さとV8には無い軽い車重の軽快感が生きる。
普段使いをして 県庁所在地や大都市部などに居住する人には V6がオススメできると思います。


静寂性などが大きく変わるほど低い排気量の車種が無いと思うのと、アメ車といえど最近ではV8よりもV6が主流となっているのが現実です。

趣味と実益を兼ねるならV6。
メンタル面での満足感を重視する場合はV8。
こんな感じでいいのではないでしょうか。
ラベル:V8 V6 維持費 燃費 比較
posted by アメリカンライフスタイル at 13:45| Comment(0) | 維持費を安く抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

任意保険は保険会社によってかなり違う

自動車に毎年かかる費用のひとつに 任意保険があります。

説明は不要かと思いますが、事故の際に賠償能力が無い場合が多かった 初期の日本の自動車社会を重く見た政府が 被害者救済の目的で義務化したものが 強制保険(自賠責保険)です。
基本的に人身事故のための最低限の保険です。

一方、 実際に重大事故を起こした場合 強制保険だけでは賄い切れないほどの人的・物的被害が多くなっています。 この賠償のために 自分で加入するのが任意保険です。

任意保険には様々な選択肢があり、 現在では 対人無制限・対物無制限 の保険に加入することが一般的になってきています。
理由は簡単で日本が経済大国である = 賠償金が高い とゆう事です。

経済大国では所有しているものも街にあるものも 相手の乗っている車も 積載してある荷物も 金銭で賠償することを考えると命の値段も高くなっているのです。
_________________________
【任意保険は絶対に必要か】
現在では 任意保険に入っている事は、 ひとつのマナーともなっています。
事故が起こることは 交通社会に居る限り 可能性がゼロにはなりませんので、 せめて もしもの時に賠償能力だけは持っておきましょうよ。 とゆう事なんですね。

だからといって もしもの時に
『 私、保険に入っていますので大丈夫です 』
などと堂々としていてはいけません。 
任意保険に加入していないことは恥ずべきことかもしれませんが、 何も威張ることではありません。
_________________________
【任意保険料金の仕組み】
任意保険には 等級とゆうものがあり、 1〜16まであります。
無事故期間が一定に達すると等級が上がり(数字が増え)、保険金請求をすると等級が下がります(数字が小さくなる)
この数字が大きくなるほど、 事故の少ない優良ドライバーとして保険会社は判断して、 保険金割引を行っています。

さらに最近では、 免許証の色や 年間走行距離 なども加味された任意保険商品が出まわり、 保険会社によって金額に結構な差が出てきているのです。
_________________________
【保険会社の探し方】
保険会社によっては 保険料は安いんだけど保険金請求に渋い場合もあるようなのですが、 保険料が高ければ高いほど対応が良いとも言えません。


大手自動車保険 7社一括見積が出来るサイトです。 保険の探し方も載っていますね。
   ↓
自動車保険比較

こちらで扱う自動車一括見積もりの中には
・ アクサダイレクト
・ アメリカンホームダイレクト
・ ソニー損保
・ チューリッヒ
・ 三井損保
・ SBI損保
・ イーデザイン損保
の大手通販自動車保険7社が含まれます。

事故の対応は アメリカンホームダイレクト ソニー損保 の2社が評判が良いみたいですね。
何かあったときは 「 動転している時の対応 」 「 迅速な行動力 」 の2点は非常に安心できます。 逆にこれが欠けていると 事故後も不安で仕方ありませんので、 個人的には 値段さえ合えば この2社のどちらかから選べば間違い無いと思います。
posted by アメリカンライフスタイル at 22:00| Comment(0) | 維持費を安く抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

全国取り付け可能|ネットタイヤショップ

当サイトのカテゴリー 「アメ車の中古とお金の話」 を読んでもらえば以下のことがわかると思います。

私たちの乗りたいアメ車は 大排気量で大型であることから維持費用が高いだけであって、 国産車やヨーロッパ車と比べても 別段維持費が高くて燃費が悪いわけではないことがわかると思います。
_________________________

それでもサイズがビッグであるだけに タイヤサイズも自ずと大きくなり 大口径ホイールカスタムをしているならば尚更感じる負担として 消耗品の一つであるタイヤ価格が高い事は否めません。 

特に、値下がり傾向にあった商品が不景気や震災の影響で値上がる可能性もあります。
そこで知っておきたいのが タイヤ安売りショップです。
_________________________

あなたのご近所にも タイヤ安売りを売りにしているタイヤショップは きっとあることと思いますが、 それを凌駕する安さでタイヤを提供するのが これから紹介する 「オートウェイ」 です。

『 通販でタイヤなんて廃タイヤ処分はどうするの? 』
『 取り付けが困っちゃうよね? 』
『 なんで安いの?中古タイヤなの? 』

いろんな疑問が出てくると思いますが それらの疑問を全て解決しているからこそ ネットで安いタイヤ販売をし、 実績をあげていっているわけです。
_________________________

『 安物のタイヤ? 俺はブリジストンかミシュランのタイヤしか履かねーんだよ! 』
とゆう方はどうぞご遠慮下さい。 オートウェイは輸入タイヤの激安ショップです。 しかもネットでしか手に入れることは出来ません。

興味のある方はコチラから
     ↓
     ↓
     ↓


posted by アメリカンライフスタイル at 15:25| Comment(0) | 維持費を安く抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。