スポンサードリンク
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年08月11日

車中泊マット|急な旅行では車に泊まる

思い立ったらすぐにでも行きたくなるのが人情というものです。
また遠出で夜中になってしまい 自宅まで帰ると相当遅くなってしまう。 そんな時には思い切って車の中で寝てしまうことが翌日に疲れを残さない秘訣です。 何より宿泊費無料なのが魅力ですよね。

しかし車中泊をした経験のある人は 車の中は案外眠れないものだとわかっていると思います。
アメリカンフルサイズSUVの荷室を最大にして そこに寝ても案外寝心地は最高とまではいかないからです。
_________________________

車中泊が流行している事もあるせいか、車中泊専門店なるショップを発見しました。
   ↓
車中泊専門店オンリースタイル


車中泊をする場所ですが 具体的には道の駅や高速道路のサービスエリアに集約されるようです。
トラックの運転手さんなんかは国道の脇にある大きめのセーフティーゾーン(安全帯)で睡眠をとっていらっしゃる強者もチラホラ見られますが、 車の通過音などがしますので初心者にはちょっと厳しいかもしれません。

道の駅やサービスエリアなどでの車中泊は トイレや食事の心配が要らないことと 駐車時間を長くとっても安全であることが美点です。
_________________________

車中泊で問題となるのは 如何に快適に眠ることかと思います。
エンジンをかけていても短時間ならいいのですが 一晩ともなると環境問題やガソリン代 それにエンジンから伝わる微振動が気になります。 走っている車の振動とは違い 小さいながらも気になる振動ですから エンジンは切って睡眠を取りたいものです。

冷暖房や換気装置、そして車中泊マットがあると最低限快適な睡眠が得られると思います。
その後はご自分の好みに応じて色々とアイテムを増やしていくのが良いのではないでしょうか。
携帯電話の充電器なんかもあると便利ですね。

こんな充電式扇風機があると夏場は少しでも快適。

posted by アメリカンライフスタイル at 16:47| Comment(0) | アメ車パーツ・アメ車ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。